minica  skipperW

TOP

三菱ミニカ スキッパーはミニカ70をベースにして、クーペモデルに仕立てた車です。

誕生した1971年当時、クーペ要素を盛り込んだ軽自動車は、スズキのフロンテクーペとスキッパーだったと記憶している。

デビューはスキッパーの方が半年程度早かったようだ。

一見保守的と思える三菱自動車というメーカーは、実はかなり新しい試みを時代に先駆けて実施していたのだ。

その軽快なスタイルはミニカ70のフロント・ドアそのままに、ルーフを一気にテールに向かって流れ落とす手法だ。

これにより見え難くなった後方の視界確保のために、テールランプの上にスクープドウインドウをはめ込んだ。

このスクープドウインドウはスキッパーの大きな特徴だ。

この先見的なアイデアは後の車達にも採用されていった。

フロントマスクはギャランGTOを彷彿させるデザイン、4灯式採用も当時では珍しかったのではないだろうか。